浮浪雲 40
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/226
ISBN
4091811302
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝"。
▼第1話/ありがとう▼第2話/廉潔浪人▼第3話/男の隣▼第4話/まなざし▼第5話/花言葉▼第6話/男の事情▼第7話/年がら中年▼第8話/玉手箱▼第9話/ぱっぱらぱー ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/料理に掃除に何ひとつ手を抜かず、徹夜の内職までして夫のために尽くす亭主思いの妻。しかし亭主は、そんな妻の前でもムスッとしているばかりであった……(第1話)。▼壱番屋の五十両紛失騒ぎで、真っ先に疑いをかけられた浅田という浪人。問い詰める壱番屋の旦那に、浅田は何も言わず五十両を渡したのだが……(第2話)。▼ある日出会った女の気立ての良さに、その女を一目で気に入ってしまった業田屋。その女が亭主持ちだったことを残念がっていたが、その女の亭主とは、勘当した自分の息子であった。あの女ならば息子と一緒に自分の跡を継ぐこともできるだろうと考えた業田屋だったが……(第3話)。

あなたにオススメ!

  • 本気のしるし 5
  • 黄昏流星群 13
  • 月色狂想曲 3
  • カムイ伝全集 第一部 1
  • この花はわたしです。 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ