浮浪雲 37
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091811272
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝"。
▼第1話/四拾弐回目▼第2話/父帰る▼第3話/流されて▼第4話/好きま風▼第5話/真夏清十郎▼第6話/青空夫婦▼第7話/浪千鳥▼第8話/平平凡凡▼第9話/人生のおかず ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/一杯飲み屋にたむろしては、疲れて帰る家に居場所がないだの、家族は男をわかっていないだのと愚痴をこぼす中年男たち。そんな連中のひとり、竹の誕生日に家族は……(第1話)。▼一カ月も黙って家を明けていた浮浪雲。青田師範は、それでも円満なカメと雲の夫婦が不思議で仕方ない。どうやら雲の、カメに対する愛しかたにコツがあるようなのだが……(第2話)。▼品川にやってきた武市半平太と仲が良くなった雲。雲は半平太に、相手のことを知ってか知らずか「国を治むるは小魚を煮るように」と教える(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/武市半平太〈月形半平太〉(第3話)

あなたにオススメ!

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 2…
  • 人間交差点(ヒューマンスクラ…
  • お~い!竜馬【新装版】 2
  • お~い!竜馬【新装版】 5
  • お~い!竜馬(YSC) 6
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ