ビッグ コミックス

あぶさん 35

辛口

あぶさん 35
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/226
ISBN
4091808557
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
酔いどれの代打屋・あぶさんを通し、悲喜こもごもの人生を描く巨篇!
▼第1話/恋の宿▼第2話/辛口▼第3話/白酒▼第4話/高目低目▼第5話/選ばれた人▼第6話/春宵一刻値千金▼第7話/挑戦状▼第8話/柱のキズ▼第9話/愛鳥週間 ●登場人物/景浦安武(通称あぶ。南海ホークスの選手で大酒飲み)、サチ子(あぶの妻)、桂木虎次郎(大阪・ほとけ横丁の大衆酒場「大虎」店主) ●あらすじ/療養のため芝温泉に向かうあぶ。彼が選んだ宿は、駆け落ちしたカップルが結ばれるという「恋の宿」だった(第1話)。▼昭和39年。南海ホークスが最後に優勝した時の胴上げ投手だった杉浦忠が、監督としてホークスに帰ってきた。就任早々、ドカベン香川をサードにコンバートするなど、思い切った選手起用を見せる杉浦は、あぶをレギュラーで使いたいと考える(第2話)。 ●本巻の特徴/かつて体力不足のためレギュラー取りを断念したあぶたが、本巻では初めてレギュラー入りを果たす。このままシーズンを通して先発出場を続けることが出来るのか、はたまた代打屋稼業に戻るのか。興味は尽きない。

あなたにオススメ!

  • 愛しのバットマン 10
  • 水島新司セレクション[あぶさ…
  • やったろうじゃん!! 7
  • 愛しのバットマン 8
  • 遥かなる甲子園 8
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ