太陽の黙示録 13
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091808166

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/10/11
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第87話/魔王の手▼第88話/魔王降臨▼第89話/鮮血の宴▼第90話/マゴイチ・ホールディングス▼第91話/メタンハイドレート▼第92話/新しき大地▼第93話/権力者たちの朝食会

●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(震災により未来が拓けた男。その能力を買われ米国に留学、帰国後は南日本の要職に就く)、夏木恵理(操の恋人。現場での被災者支援に目覚め、操と離れる)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の元・刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])、董藤卓也(自衛隊を率いてクーデターを装い、第三代北日本首相の座に就いた)
●あらすじ/舷一郎の提案を受け入れ、操と密約を交わそうと決意した矢先、裏切りに怒った部下から狙撃された勝呂一佐。董藤を倒すという強い想いから、なんとか一命を取り留めた勝呂だが、その間に操は北日本の海峡区への進駐を一時的に認め、休戦交渉に入ることを宣言。そして、ついに董藤が海峡区へ乗り込んできて…(第87話)。
●本巻の特徴/ついに海峡区へと乗り込むことに成功した北日本首相の董藤卓也、あえてそれを許した南日本首席補佐官の宗方操、そして日本の切り札・柳舷一郎……三者三様の想いが行き着く先にある結末とは!? 北の魔王が南へと降臨するとき何かが起こる…! 怒濤の新章突入!!
●その他の登場人物/雲井竜児(反政府組織「海峡同盟」関東支部の責任者)、公文讃(かつては勝呂と同じ部隊にいた男。今は「海峡同盟」のボス)、勝呂奉一(自衛隊の一等陸佐。董藤とともに日本再統一に関わる計画を企てている)、エドワード・ロックウェル(米国主導の南日本行政府・初代行政長官)、夏木惇史(南日本・山陽道知事で、宗方の右腕。恵理の兄)
〈 電子版情報 〉
太陽の黙示録 13
Jp-e : 091808160000d0000000
ついに海峡区まで乗り込んできた董藤は、宗方ら主戦派を遠ざけ、北日本による南日本の事実上編入統治を目論む。それを黙認したかのように見せた宗方は、ある秘策を実行するために、重傷を負った勝呂と面会するが…!?「日本人」のために行動し続ける舷一郎は、この局面にどう動く?北日本編完結、そして新章へ!!

あなたにオススメ!

  • 太陽の黙示録 群雄編 7
  • 太陽の黙示録 群雄編 6
  • 太陽の黙示録 群雄編 5
  • 太陽の黙示録 群雄編 4
  • お~い!竜馬【新装版】 10
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ