ビッグ コミックス

北斗の拳 完全版 13

北斗の拳 完全版 13
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
A5/368
ISBN
4091807763
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼執念の業火果つ!の巻▼さらば愛しき者たちよ!の巻▼新しき希望!の巻▼血と拳(こぶし)の誓い!の巻▼狼の時代の終焉(しゅうえん)!の巻▼笑うハイエナ!の巻▼狼は死なず!!の巻▼怨念の矢!の巻▼ドブネズミの如く!の巻▼サヴァの王女!の巻▼英雄(おとこ)あり!の巻▼血を吐く願い!の巻▼交わらぬ三帝星!の巻▼滅びの序章の巻▼凄絶なる強者!の巻▼非情の拳にこめて!!の巻▼王として死す!の巻▼父よ子よ!の巻

●主な登場人物/ケンシロウ(経絡秘孔を突き内部からの破壊を極意とする、一子相伝の暗殺拳「北斗神拳」の継承者。胸に七つの傷を持つ)
●あらすじ/ケンシロウとカイオウの決戦が続く中、別の場所では、死環白をつかれて意識のないリンを守るヒョウが、精強なカイオウの陸戦隊を相手に、決死の闘いを繰り広げていた。手負いで本来の力が出せないヒョウは、数百人の敵を全滅させるも力尽きて倒れてしまう。そのとき、馬にまたがって現れた新手にリンを奪われるかと思いきや、なんとその男は海を渡ってきたバットで…(第1話)。
●本巻の特徴/修羅の国での闘いがついに終結! いまや北斗宗家の血をひく唯一の男となってしまったケンシロウは、ラオウの息子・リュウを連れて、新たな旅に出る!! その旅の目的とは…?
●その他の登場人物/リン(天帝・ルイの双子の妹。身寄りのない少女時代からケンシロウを慕っている)、バット(幼い頃、ケンシロウと行動を共にしていたことのある若者)、ヒョウ(北斗琉拳第2の羅将。ケンシロウの実兄)、カイオウ(北斗琉拳第1の羅将。ラオウの実兄)、リュウ(ラオウの息子)、コウケツ(かつてラオウ軍の雑兵だった男。土地と食料の力を背景にのし上がる)、アサム(サヴァ国王。良く国を治めているが、不治の病に)、サラ(アサムの娘)

あなたにオススメ!

  • 北斗の拳 ユリア外伝 慈母の…
  • タケル道 2
  • 拳児 16
  • 魔界水滸伝 1
  • ARMS 20
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ