ビッグ コミックス

イリヤッド ~入矢堂見聞録~ 11

イリヤッド ~入矢堂見聞録~ 11
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091806198
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/十二番目の仕事▼第2話/迷路の悪夢▼第3話/夢の終わり▼第4話/夢のあと▼第5話/ランプの精▼第6話/ソロモンの壺▼第7話/スペインの星▼第8話/二つの神様●主な登場人物/入矢修造(古道具屋「入矢堂」の店主。異端の説を唱え、考古学界を追放された過去を持つ)、ユリ・エンドレ(アトランティスを探していた資産家、ヴィルヘルム・エンドレの娘。母親は日本人)●あらすじ/アトランティスの謎を解き明かそうとする者に、ためらいなく死の制裁を与える暗殺者集団“山の老人"。モロッコ・ティトゥアンでアマゾネスの墓の探索を開始した入矢にも、再び彼らの魔の手が迫っていた。そんなある日、スペインとモロッコを結ぶフェリーの船内でひとりの男が殺された。それは、自らの心の平穏のために殺人を重ねる暗殺者・バシャによる、入矢暗殺の第一歩で…!?(第1話)●本巻の特徴/モロッコで探索を続けるうち、旧市街で謎の老婆と出会い、地下迷路へ入る決意を固めた入矢。だが、入矢のボディガードであるムンツが、“山の老人"の差し向けた非情な殺し屋・バシャと、いつの間にかすり替わっていて…!? 閉ざされた地下迷路で緊張の対決が繰り広げられる!!●その他の登場人物/入矢淑子(入矢修造の母)、ハンス・デメル(オーストラリアの探偵。日本の“武士道"に傾倒している)、ロッカ(女性考古学者。腕力には自信がある)、葉山瑠依(なぜか入矢になついている子供)、瑠依の父(瑠依とともに入矢堂ちょくちょく顔を出すようになった)、葉山美穂(瑠依の母。大学病院の医師で優柔不断な性格)

あなたにオススメ!

  • あぶさん 85
  • アニキ 1
  • あぶさん 86
  • あぶさん特選集 1
  • 冒険少年
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ