ビッグ コミックス

美味しんぼア・ラ・カルト 23

美味しんぼア・ラ・カルト 23
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6/264
ISBN
409180540X
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/秋刀魚の味▼第2話/山の秘宝▼第3話/マツタケ・ドリーム▼第4話/二人のスター▼第5話/「究極」の弱点(前・中・後編)▼第6話/野性の味▼第7話/栗騒動▼第8話/キノコの真実▼第9話/ナスで仲直り!?

●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。普段はグータラだが、膨大な食の知識を持つ)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員の新人記者)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)
●あらすじ/文化部宛てに、徳島支局の知人から箱詰めのスダチが送られてきた。それを見た山岡は「今の季節ならサンマのしぼり汁」と喜び、部長はサンマを詠んだ佐藤春夫の詩を思い浮かべる。だが、偶然訪れていた落語家のブラックは、「大詩人が、なぜサンマみたいなつまらない魚を詩の題材にしたのか?」と不思議がる。彼は「目黒のサンマ」を勉強するため、毎日サンマを食べているらしいのだが…(第1話)。
●本巻の特徴/第23集のテーマは「秋の味覚」。焼きサンマ、ホンシメジのソテー、マイタケ入りのトリ鍋、マツタケの炭火焼き、ボタンハモ、ハモとマツタケの土瓶蒸し、ボンボチの串焼き、ギンナンご飯、下りガツオの中落ちのショウガ醤油煮…などにまつわるエピソードを紹介。巻頭カラー特別レシピ「茶筅茄子、茄子のウニの塩辛のせ」&雁屋哲書き下ろしコラム「美味しんぼの日々」も収録!

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1…
  • 美味しんぼ 29
  • 美味しんぼ 20
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1
  • 築地めし
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031