ビッグ コミックス

美味しんぼア・ラ・カルト 22

美味しんぼア・ラ・カルト 22
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6/260
ISBN
4091805396
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/油の音▼第2話/二代目の腕▼第3話/ポテトボンボン▼第4話/猿蟹合戦▼第5話/メゴチの局長▼第6話/究極のスッポン料理(前・後編)▼第7話/奇妙な隣人▼第8話/アケビの感性▼第9話/猫とかつお節!?▼第10話/出会いの天ぷら●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。普段はグータラだが、膨大な食の知識を持つ)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員の新人記者)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)●あらすじ/ある日突然、海原雄山が単身で東西新聞に乗り込んできた。彼は士郎の姿を見るや「私の息子」といい、「今に必ず会社の害になるから追い出すべき」と難癖をつける。著名人の雄山が、士郎と親子であることを初めて知ったゆう子らが驚く中、谷村部長は「彼は究極のメニュー作りに必要な人間」と士郎を擁護。すると雄山は「天プラの味」で士郎の味覚を試すと言い出して…(第1話)。●本巻の特徴/第22集のテーマは「揚げ物」。海老の天ぷら、カキアゲ、ヌカヅケ、芝麻球(チーマーカオ)、ポム・スフレ、柿の葉茶、柿のタネ、焼きおむすび、揚げおむすび入りのお椀、ゆで豚、イカの揚げ団子のあんかけ、ホタテの清蒸(しんじょ)…などにまつわるエピソードを紹介。巻頭カラー特別レシピ「海老の天ぷら」&雁屋哲書き下ろしコラム「美味しんぼの日々」も収録!

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 51
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1…
  • 美味しんぼ 8
  • 駐禁ウォーズ!! 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ