ビッグ コミックス

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 7

蜃気楼

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 7
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/230
ISBN
4091803970

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/10/11
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
愛と憎しみ、喜びと哀しみが織りなす無限の人間ドラマを描く珠玉の名作
▼第1話/冬の蝉▼第2話/聖橋▼第3話/初雪25時▼第4話/面影花▼第5話/銃声▼第6話/窓▼第7話/蜃気楼 ●あらすじ/緑川道夫は売れっ子の俳優だ。次々と大量の仕事を引き受け、初めての出産を迎える妻が難産だと聞いても、病院へ行こうともしない。彼は仕事がなくなるかもしれないという恐怖感から、仕事の量を減らすことができないのだった。やっと重い腰を上げて妻のもとにやってきた緑川は、子供が産まれてすぐに死んだことを告げられる(第1話)。▼母親との確執から家を飛び出していた麗子は、父の葬式のために11年ぶりに里帰りをすることになった。だが、彼女は焼香をすませると、またすぐに家を出ていく。母親は喪主であるにもかかわらず、葬儀をほっぽり出し麗子を追いかけるのだった(第2話)。▼鶴橋は新宿のゴ-ルデン街に事務所を構える、うだつの上がらない弁護士。せっかく企業から請け負った訴訟も、企業を弁護する立場にも関わらず、正義感から訴訟した側を援護することになってしまった。おかげで顧問弁護士の座はフイ。恩師にも「娘はやらん!」と見切りをつけられてしまう。そんな彼のもとに、ゴ-ルデン街で生活する、馴染みの喫茶店従業員・みどりが相談にやってきた(第4話)。
〈 電子版情報 〉
人間交差点 7
Jp-e : 091803970000d0000000
緑川道夫は売れっ子の俳優だ。次々と大量の仕事を引き受け、初めての出産を迎える妻が難産だと聞いても、病院へ行こうともしない。彼は仕事がなくなるかもしれないという恐怖感から、仕事の量を減らすことができないのだった。やっと重い腰を上げて妻のもとにやってきた緑川は、子供が産まれてすぐに死んだことを告げられる

あなたにオススメ!

  • 人間交差点(ヒューマンスクラ…
  • 弁護士のくず 1
  • 取締役平並次郎 2
  • 弁護士のくず 9
  • 心の迷宮 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ