新・味いちもんめ 17
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/0
ISBN
4091803792

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/18
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/もやし▼第2話/おはぎ▼第3話/豊年腕(ほうねんわん)▼第4話/栗▼第5話/甘鯛▼第6話/焼きみかん▼第7話/関東煮(かんとだき)▼第8話/板前割烹▼第9話/かぶら汁

●主な登場人物/伊橋悟(何事にもアツい向上心豊かな板前。料亭「SAKURA」のNo.2から新店舗店長の内示を受ける。現在、京都で再修業中)
●あらすじ/昼下がりの「さんたか」。頭痛を訴える大将・三松を気遣う伊橋だったが、番頭の石井は「この時期いつものこと」と、そっけない態度。どうやら三松は、夏でも秋でもない、9月という微妙な時期の献立に頭を悩ませているらしい。石井から、そんな季節に合った一品を考えるようにと言われた伊橋は…(第1話)。
●本巻の特徴/秋の彼岸を迎え、重要な「松茸の土瓶蒸し」を任されることになった伊橋。だが、折角のチャンスを前に二日酔いしてしまい、なんとか開店までに酒を抜こうとするが…!?
●その他の登場人物/三松(板前割烹「さんたか」の大将)、石井(「さんたか」の番頭)、 大幡(「さんたか」の常連。大将とは竹馬の友)、轟秀爾(京都のとある寺の跡継ぎ。酒が入ると、ただの生臭坊主に)、兵藤真砂子(扇屋「優扇」の娘)、(植松辰男(京都「湯葉辰」の二代目店主。気弱だが優しい性格)、植松愛(辰男の妻。しっかり者)、植松加代子(辰男の一人娘。ちょっと生意気な小学生)、丸岡元治(京野菜の伝統を守ることに熱意を持つ農家。通称・元ちゃん)
〈 電子版情報 〉
新・味いちもんめ 17
Jp-e : 091803790000d0000000
昼下がりの「さんたか」。頭痛を訴える大将・三松を気遣う伊橋だったが、番頭の石井は「この時期いつものこと」と、そっけない態度。どうやら三松は、夏でも秋でもない、9月という微妙な時期の献立に頭を悩ませているらしい。石井から、そんな季節に合った一品を考えるようにと言われた伊橋は…

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 独立編 1
  • 味いちもんめ 独立編 2
  • 味いちもんめ 独立編 3
  • 味いちもんめ 32
  • 築地魚河岸三代目 8
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ