ビッグ コミックス

美味しんぼア・ラ・カルト 18

美味しんぼア・ラ・カルト 18
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6/264
ISBN
4091802508
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/新妻の手料理▼第2話/家族の食卓▼第3話/カジキの真価▼第4話/梅干しの雨▼第5話/包丁のない家庭▼第6話/本物志向子供編▼第7話/家庭の味▼第8話/再婚します!▼第9話/「はんべ」の味▼第10話/食欲不振の治療薬!?▼第11話/新しい家族

●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。普段はグータラだが、膨大な食の知識を持つ)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員の新人記者)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)
●あらすじ/ゆう子の大学時代の同級生・みよ子が、半年前に結婚したばかりの夫と別れたいと相談してきた。接待とは縁のない人事部勤務にも関わらず、毎晩遅くまで外で飲んで帰る夫に「他に女ができたのでは…」と心配するみよ子。そんな彼女の頼みで、ゆう子は山岡を連れて帰社後の夫をしばらく尾行することになったのだが、彼は女性と会う素振りもなく、ただ毎晩ひとりで居酒屋に行くだけで…(第1話)。
●本巻の特徴/第18集のテーマは「家庭の食卓」。うずめめし、スペア・リブ、マカジキの刺身、ウメボシのおにぎり、野菜サラダ、野菜いため、五目ご飯のおにぎり、サンマの干物、だし巻き卵、キュウリと大根のぬか漬、ホウレンソウのごまよごし、豆腐とわかめのみそ汁…などにまつわるエピソードを紹介。巻頭カラー特別レシピ「きんぴらごぼう・もずく酢」&雁屋哲書き下ろしコラム「美味しんぼの日々」も収録!

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1…
  • 美味しんぼ 69
  • 美味しんぼ 33
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1…
  • 築地めし
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ