浮浪雲 81
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091802362
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/ともしび▼第2話/め組の文さん▼第3話/水色の便り▼第4話/散歩の達人▼第5話/心のこり▼第6話/お美代ちゃん▼第7話/ピンクの日傘▼第8話/あとの祭り▼第9話/しみじみ汁

●主な登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場「夢屋」の頭。飄々とした遊び人)、おカメ(雲の妻。夫や子供たちを大きな愛で包む女性)、新之助(雲の息子。真面目な少年)、お花(雲の娘。お転婆だが、なかなか鋭い)
●あらすじ/女手ひとつで子供を育てているお満は、昼間に仕事をしているため、いつも幼子を抱えて暗い夜道を家路に就く日々。だが彼女の向かいの家は、毎晩必ず夜中まで明かりが灯っており、気になったお満は、ある日大家さんに尋ねてみることに。すると、その家に住む男は島帰りのならず者だという話で…(第1話)。
●本巻の特徴/子供ができず、夫は職にあぶれて…と、己の不運を嘆くばかりのお文。富くじや手相などに手を出すようになった彼女の“運"にまつわるエピソード「め組の文さん」など、全9編を収録。
●その他の登場人物/欲次郎(「夢屋」の番頭。実務に長けたやり手)、渋沢先生(博学多才の隠居老人。新之助らの良き相談相手)、青田先生(新之助の通う寺子屋の先生)

あなたにオススメ!

  • アイ’ム ホーム 上
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 1…
  • 愛…しりそめし頃に… 1
  • 女形気三郎 6
  • 愛…しりそめし頃に… 6
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ