浮浪雲 18
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/234
ISBN
4091801889
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝"。
▼第1話/女の口説き方▼第2話/天下泰平▼第3話/天に代って▼第4話/以心伝心▼第5話/四苦八苦▼第6話/呵呵大笑▼第7話/海千山千▼第8話/さんまの煙▼第9話/お神酒どっくり ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/もてて困るのが悩みだという青田師範。好きな女の子に振られて悩む新之助。新之助は浮浪雲に、どうして自分はもてないのだろうかと相談を持ちかける。雲の言う、いい男とは?(第1話)。▼誰を見ても、何を見ても、「かわいそうだなあ」と呟いてばかりの雲。そこへ歳末助け合い運動をしている書役さんにばったり出会う。なかなか助け合いに協力してくれる人がいないと嘆く書役さんに雲は……(第2話)。▼将軍家の家来であることをいいことに、品川で好き勝手な行ないをする御茶壷奉行の一行。目に余る悪行に、雲の怒りが頂点に……(第3話)

あなたにオススメ!

  • カムイ伝全集 第一部 14
  • 女形気三郎 1
  • 女形気三郎 3
  • 築地魚河岸三代目 8
  • プニャリン 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ