ビッグ コミックス

のたり松太郎 2

のたり松太郎 2
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/258
ISBN
4091800726

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/12/01
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!
▼第1話/この胸のときめきを▼第2話/“へ"たれ松太郎▼第3話/屁と熱気充満の雷神部屋▼第4話/度量のある土俵の鬼▼第5話/王様がヒコーキに乗って逃げた▼第6話/春の夜の酒宴▼第7話/暴飲、暴言、暴力、大暴動の部屋▼第8話/相撲教習所入学▼第9話/粗暴男VSエリートマン▼第10話/教習所の放課後▼第11話/大衆食堂の老兄妹 ●登場人物/坂口松太郎(故郷では鼻つまみ者。だが、怪力ぶりを買われ、東京の雷神部屋へ入門)。田中清(秋田出身の16歳で、雷神部屋の新弟子。酒癖が悪い)。南令子(松太郎が通っていた中学校の教師。現在は、深川の実家へ戻ってきている) ●あらすじ/雷神部屋へ入門した松太郎は、さっそく憧れのマドンナ・南先生のもとを訪れる。松太郎の素行の悪さが原因で教職を辞したにもかかわらず、そんな松太郎を温かく迎え入れる南先生。さすがの松太郎も、目にうっすらと涙が……(第1話)。▼上下関係にうるさい相撲部屋でも、お構いなしにマイペースぶりを発揮する松太郎。雷神部屋での初日から、早くも兄弟子たちと一悶着を起こす。松太郎を「可愛がって」やろうと、稽古場で手ぐすねひいて待ち構える兄弟子たち。さて、松太郎は……!?(第2話) ●本巻のハイライト/本巻では、松太郎の良き相棒となる田中が初登場。ふだんは実直なのに、酒が入ると大暴れする酒癖の悪さを早くも発揮している(第7話)。
〈 電子版情報 〉
のたり松太郎 2
Jp-e : 091800720000d0000000
角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

▼第1話/この胸のときめきを▼第2話/“へ"たれ松太郎▼第3話/屁と熱気充満の雷神部屋▼第4話/度量のある土俵の鬼▼第5話/王様がヒコーキに乗って逃げた▼第6話/春の夜の酒宴▼第7話/暴飲、暴言、暴力、大暴動の部屋▼第8話/相撲教習所入学▼第9話/粗暴男VSエリートマン▼第10話/教習所の放課後▼第11話/大衆食堂の老兄妹 ●登場人物/坂口松太郎(故郷では鼻つまみ者。だが、怪力ぶりを買われ、東京の雷神部屋へ入門)。田中清(秋田出身の16歳で、雷神部屋の新弟子。酒癖が悪い)。南令子(松太郎が通っていた中学校の教師。現在は、深川の実家へ戻ってきている) ●あらすじ/雷神部屋へ入門した松太郎は、さっそく憧れのマドンナ・南先生のもとを訪れる。松太郎の素行の悪さが原因で教職を辞したにもかかわらず、そんな松太郎を温かく迎え入れる南先生。さすがの松太郎も、目にうっすらと涙が……(第1話)。▼上下関係にうるさい相撲部屋でも、お構いなしにマイペースぶりを発揮する松太郎。雷神部屋での初日から、早くも兄弟子たちと一悶着を起こす。松太郎を「可愛がって」やろうと、稽古場で手ぐすねひいて待ち構える兄弟子たち。さて、松太郎は……!?(第2話) ●本巻のハイライト/本巻では、松太郎の良き相棒となる田中が初登場。ふだんは実直なのに、酒が入ると大暴れする酒癖の悪さを早くも発揮している(第7話)。

あなたにオススメ!

  • のたり松太郎 1
  • のたり松太郎 2
  • のたり松太郎 4
  • のたり松太郎 3
  • 放課後エデン 新装版 メモリ…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ