運慶
定価
本体1,389円+税
発売日
判型/頁
4-6/258
ISBN
9784091792372
〈 書籍の内容 〉
仏像彫刻の革命児・運慶を彫り起こす!!
奈良仏師・康慶の息子として生まれ、
1223年に亡くなるまで、幾多の彫刻を世に残した運慶。

源頼朝、北條時政の知己を得て
毘沙門天、阿弥陀如来像、不動明王、制叱伽童子像を作り、
快慶らとともに東大寺南大門の仁王像を世に生み出した
運慶という偉大な人物の個人史を、知られざる若き日々に焦点を当てて描き出しています。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
新しい表現スタイルを追求した運慶に、かぎりなく共感した 
さいとう・たかを氏が1988年に発表した作品です。
運慶の彫刻に感動した方や、さいとう・たかをファンの方にも
読んでいただきたいと思っております。

あなたにオススメ!

  • 日本美術全集 7 運慶・快慶…
  • 運慶大全
  • 光年の森
  • 吉田秋生-夜明け-
  • 運慶にであう
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ