阿房列車 2号
定価
本体1100円+税
発売日
判型/頁
4-6変/232
ISBN
9784091790743
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
用のない汽車の旅、今度は東北、新潟、横手、山陽へ。
漫画がいざなう鉄道の旅――

昭和20年代。百けん先生、なんにも用事がない列車の旅へ再び発車。

今回は、東北本線と奥羽本線に乗ってぐるっと秋の東北巡り。雪を見たくて冬の新潟へ、横手へ。春先、山陽本線を走る特急「つばめ」に乗りに行こう、など3つの季節をかけぬけます。

鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏の鉄道関連監修により、当時の鉄道旅の雰囲気が、実際に限りなく近い形で味わえます。

鉄路が太かったあの時代の旅の空気を、今回も存分にお楽しみください。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
この原作の漫画化はこの方法しかない! と思わせるほど、内田百けん(門構えに月)×一條裕子のコンビがバチッとはまっています。もちろん原文だけでセリフを構成するなど、一條氏が原作の雰囲気を活き活きと表そうとしてるわけですが、ただ忠実に再現しているわけではなく、一條氏ならではの“解釈"が全体を覆い、ひとつの「漫画作品」としてものすごく存在感を発揮しています。原作ファンもぜひチェックしてみてほしいです。

あなたにオススメ!

  • サルでも描けるまんが教室 サ…
  • サルでも描けるまんが教室 サ…
  • 鬼頭莫宏イラスト&バックヤー…
  • 瞳子
  • 天元突破グレンラガン [最終…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30