阿房列車 1号
定価
本体1000円+税
発売日
判型/頁
4-6変/192
ISBN
9784091790361
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
戦後復興期、鉄道が輝いていたあの時代の日本へ発車!
「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」――現在の鉄道ブームが来る遥か昔の昭和20年代、“テツ"の大先輩がいた!

内田百けんの珠玉の鉄道紀行文を、<原文(新潮文庫版)だけでセリフを構成>、<専門家による鉄道監修のもと当時の列車、駅、景色をできる限り再現>、など、原作の良さを生かしつつ、一條裕子が大胆に漫画化。
鉄路が太かった時代の、旅の空気を存分にお楽しみください。

『鉄子の旅』『月館の殺人』に続く「IKKIテツ道三部作、第三弾!!
これは、かつてなかった[原作×漫画]の形。

<鉄道関連監修> 梅原淳

●あらすじ/一等車を連結した長距離特急列車が復活したと知った百けんは、用事もないのに大阪まで往復することを決心し、旅費も用立てた。そして出発当日。国鉄職員の通称・ヒマラヤ山系をお供に、省線電車に乗ってまずは東京駅に到着する(第1話)。
●主な登場人物/百けん先生(思い立つままに自分の信念の基、鉄道の旅を繰り返す動悸持ちの結滞屋)、ヒマラヤ山系(百けん先生のお供で、おしゃべり相手の国鉄職員)
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
内容が素晴らしいのはもちろんですが、装丁もこだわりの箱入り仕様、全体のデザインも、当時の鉄道旅の世界に浸っていただけるよう細部まで工夫を凝らしています。ぜひぜひお手にとってみてください。

あなたにオススメ!

  • サルでも描けるまんが教室 サ…
  • サルでも描けるまんが教室 サ…
  • 鬼頭莫宏イラスト&バックヤー…
  • 瞳子
  • 天元突破グレンラガン [最終…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ