新世のリブラ 1
ためし読み
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6判/192
ISBN
9784091574510

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/07/15
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
飯沼ゆうき新境地。維新ピカレスク開幕!
明治日本によく似た国・八国。維新により新しい世が始まり、民の平等が説かれたが、逆に格差は広がる現実があった。
その社会で最下層に属する青年・鈴(せず)の里を、国政を担う侯族の一員・間宮薫が訪れた時、二人の運命とこの国の未来が大きく動き始めるーー

黒い権力には黒い武器を。新しい世には新しい秤を。
衝撃の維新ピカレスクロマン、開幕!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
西森博之氏原作『何もないけど空は青い』完結から1年。『いつわりびと◆空◆』以来の飯沼ゆうき氏オリジナル新作、いよいよ第1集発売です! 
維新直後の日本によく似た国で、最下層から政権の中枢を狙う青年・鈴(せず)を描いた野心作。ご期待ください!
〈 電子版情報 〉
新世のリブラ 1
Jp-e : 091574510000d0000000
明治日本によく似た国・八国。維新により新しい世が始まり、民の平等が説かれたが、逆に格差は広がる現実があった。
その社会で最下層に属する青年・鈴(せず)の里を、国政を担う侯族の一員・間宮薫が訪れた時、二人の運命とこの国の未来が大きく動き始めるーー

黒い権力には黒い武器を。新しい世には新しい秤を。
衝撃の維新ピカレスクロマン、開幕!

あなたにオススメ!

  • 満天の星と青い空 2
  • デストロ246 7 イラスト…
  • 満天の星と青い空 1
  • 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮…
  • 今際の路のアリス 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ