書生葛木信二郎の日常 8

書生葛木信二郎の日常 8
ためし読み

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/03/16
形式
ePub
全巻を見る
〈 電子版情報 〉
書生葛木信二郎の日常 8
Jp-e : 091574010000d0000000
大正時代…帝都・東京の一角に佇む洋館・黒髭荘。そこは小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館だった。信二郎は突然帰ってきた兄・悌一郎に、両親が失踪した原因がサマラたちの祖父・公朋(きみとも)にあると告げられる。死んだはずの公朋は、「泰山府君祭」という儀式を企み、復活を図っているようなのだ。さらにその直後、悌一郎は何者かに誘拐されてしまう。信二郎は公朋の復活を阻止し、兄を救うことができるのか!?

あなたにオススメ!

  • 天穹は遥か-景月伝- 1
  • 抱擁
  • 鉄騎馬(メタルホース) 2
  • 女神の赤い舌 4
  • 鳥かごの詩
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ