書生葛木信二郎の日常 4

書生葛木信二郎の日常 4
ためし読み

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/11/18
形式
ePub
全巻を見る
〈 電子版情報 〉
書生葛木信二郎の日常 4
Jp-e : 091573280000d0000000
大正時代--帝都・東京の一角に、不思議と目立たない洋館・黒髭荘(くろひげそう)があった。そこは、小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館で…?上野で開かれた「平和記念博覧会」会場で見せ物となっていた、人魚のミイラ。その人魚に不自然さを感じた信二郎は、人魚を救うべく忍びこむが、そこで信二郎を待っていたのは、陰陽師(おんみょうじ)を名乗るサマラとカルマ姉弟だった。謎めいたサマラたちの口から、何故か失踪中の信二郎の兄・悌一郎の名が…彼女たちと信二郎の接点とは? その兄の婚約者である猫又美女・操緒さんの暴走からも目が離せない、大正妖怪奇譚・第4集が登場!!

あなたにオススメ!

  • 天穹は遥か-景月伝- 1
  • 下北GLORY DAYS 5
  • BLACK BIRD 2
  • カムイ伝 13
  • カムイ伝 15
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ