海猿 11
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
409152611X
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第100話/震え▼第101話/着水▼第102話/満月▼第103話/必然▼第104話/母親▼第105話/真実▼第106話/ウソ▼第107話/灯火▼第108話/許可▼第109話/未知●主な登場人物/仙崎大輔(福岡海上保安部に所属する若手海上保安官。 PLH型巡視船“かいこう"の航海士補)、入谷弘治(かいこうの潜水員。20歳の新人。通称コージ)、浅井亀吉(40歳。「J-WING」のパイロット)、浅井たか子(26歳。「J-WING」のスチュワーデスで、亀吉の新妻)●あらすじ/12月31日に起きた、羽田から福岡に向かうジャンボ機・J-WING 206便の異常事態。垂直尾翼を失い、操縦不能となってしまった機は、夜の博多湾に緊急着水するという方法を選択した。海上に設置された滑走灯に向かって、機長の浅井は全身全霊を懸けての着水を試みる。一方大輔たちは、着水成功後の救出準備をしていた。飛行機が水上に浮かんでいられる時間は推定約2時間。現在、博多湾の水温は8度。そして、8度の水温で人間が生きていられる時間はおよそ2時間。つまり、着水して海水が入り込んだ機内から、全ての生存者を2時間以内に救助しなければならないのだ。いつも以上の緊張が大輔たちの間に走る。そんななか、機はいよいよ命運を懸けた着水を開始した(第100話)。●本巻の特徴/J-WING 206便は、なんとか着水に成功。しかしその時の衝撃で、機は真ん中で真っ二つに割れてしまった。大輔たちと、奇跡的に生き残った浅井機長は、必死の救出を始める。だが後部に乗っていた乗客は助かったものの、前部の人達はほぼ絶望的。さらには救助活動の途中、今回を最後に海上保安官を辞めることになっていたコージが、沈みゆく機体の先端部に挟まれ動けなくなってしまった。大輔と浅井は一度その場から撤収。その後、大輔は海底に沈んでいったコージを救うため、人間には無理といわれている水深50mへの深々度潜水に挑む…。救助の様子や命の大切さが鬼気迫る迫力で描かれる第11集。●その他の登場人物/浦部美晴(毎朝新聞の新米記者。大輔の恋人だったが…)、石原隆志(美晴の元婚約者。航空会社「J-WING」勤務)

あなたにオススメ!

  • ブレイブハーツ 海猿
  • 日露戦争物語 10
  • 奈緒子 7
  • いでじゅう! 10
  • ブレイブ猿S 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31