未来の絶対0度 3
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
409152513X
全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
●主な登場人物/村上未来(むらかみ・みき。22歳。バスケットの名選手で、実業団の強豪・オアシス化粧品に入社が内定していたが、リストラでそのバスケ部が廃部となり、内定も取り消しに。母校・桜桃学園の体育教師となり、バスケ部のコーチになる)、内田理奈(バスケ部の中心選手の2年生。シューティング・ガード)、大伴耕二(理奈のクラスメイトである新聞部員。未来に憧れ、女子バスケ部を応援。そして理奈は耕二のことが好きという、難しい関係)●あらすじ/熱戦が続く「ニッポンエネルギア」と「クラブフェニックス」の試合。ママさんバスケに毛の生えた程度のチームと見られていたフェニックスは大健闘を見せ、残り15秒まで42対40とリード。だが終了寸前、薫のシュートが決まり、最後は43対42でエネルギアが勝った。試合後、未来は、まだまだ自分のバスケを続けたい、世界を目指したいという気持ちを確認し、薫も忘れていたバスケットに対する思いを取り戻す(第20話)。●本巻の特徴/インターハイ東京都予選が始まった。桜桃学園は初戦、強敵の小倉山高校を66対65という大接戦で制する。2回戦の相手は甘谷教育大付属高。前半大きくリードを奪われるが、後半に逆転し、63対62とこれまた1点差で勝利を収めた。そして迎えた3回戦。相手は以前全日本ジュニアに選ばれたことのある八木をはじめ、選手層の厚さを誇る徳田学園だ。スタミナに不安のある桜桃にとっては苦しい試合になる。しかも中心選手のレイ子が2回戦でケガをしてしまい、この試合には出られそうもない。厳しい条件のなか、試合開始のホイッスルは鳴った! 大会の様子と並行して本巻で描かれるのは、理奈、耕二、未来の恋愛模様。耕二は未来に夢中で、理奈は自分が耕二を好きなことに気付く。そして耕二と理奈は未来と柳沢の仲を気にし、柳沢には見合い話が持ち上がり……と、四人の心情が絡み合う。バスケットに恋に、さわやかな青春群像が描かれる第3集。●その他の登場人物/柳沢(桜桃学園女子バスケ部監督。未来の恩師でもある)、橘いずみ(バスケ部2年生。キャプテンをつとめる)

あなたにオススメ!

  • 球魂 9
  • HORIZON 5
  • HORIZON 4
  • 最強野球部リベンジャーズ 3
  • ふぁいとの暁 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ