ヤングサンデーコミックス

最強野球部リベンジャーズ 2

最強野球部リベンジャーズ 2
定価
556円(税込)
発売日
判型/頁
B6/214
ISBN
4091524826
全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
●主な登場人物/森山正樹(高校時代は無名の八王子南高で、エースで4番だった。予備校生となり、仲間を集め野球チーム「リベンジャーズ」を結成)、五味山(リベンジャーズに助っ人参加したピッチャー。柏国際高校時代も隠れた好投手だったが、肩の消耗を嫌い、1試合80球以上は投げない)、島本譲二(甲子園に出た京都洛中高の出身だが、伝統的な名門野球になじめなかった。リベンジャーズの野球連盟加入に尽力)、川勝高・川勝広(二遊間を組む双子。大阪出身)●あらすじ/軽い気持ちで始まった予備校生チームの野球は、いつの間にか野球連盟に加入申請し、都市対抗を目指す本気のチームに。名前も「リベンジャーズ」と決定し、早速東京都の地区予選に出場する! 久しぶりの公式戦、しかも初戦の相手はかつての実業団の名門チーム・鹿谷組とあって、意気上がる面々。だが試合当日、ピッチャーに予定していた桑原が、川勝広の携帯に「ゴメン」とメールを送ってきた。模試があるので、試合は欠席するというのだ。メンバーがひとりでも欠けると、試合を棄権しなければならない。プレイボールまで、あと15分。どうする、リベンジャーズ!?(第10話)。●本巻の特徴/なんとしても試合をしたい正樹は、駅前に助っ人を探しに行った。そこで出会ったのは、以前バッティングセンターで凄い打球を連発していた五味山。「ピッチャーしかできない」という彼が桑原を名乗って投げてくれることになり、なんとか試合は始まった。初回、五味山はいきなり3者連続でフォアボールを許す。だがこれは五味山の投球術であり、その日の審判のストライクゾーンを測っていたのだった。そこから五味山の好投が始まり、打線も爆発。鹿谷組にコールド勝ちしたリベンジャーズは、幸先のいいスタートを切るが…!?●その他の登場人物/沖田総一、久我勝南、加藤清、宅見健介、大胡克己(リベンジャーズの選手)、早川萌(「東洋スポーツ」の新人記者)

あなたにオススメ!

  • MAJOR(メジャー) 36
  • ラストイニング 5
  • MAJOR(メジャー) 43
  • やだね! 2
  • 遥かなる甲子園 6
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ