ほしのふるまち 7
ためし読み
定価
本体514円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
9784091512871

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第60話/プラネタリウム▼第61話/なんとなく夢を▼第62話/誰かの願いが叶うころ▼第63話/夢▼第64話/きづいてよ▼第65話/約束の海▼第66話/冬がはじまるよ▼第67話/突然▼第68話/言えないよ▼第69話/泣かないで恋人よ▼最終話/星の降る街

●主な登場人物/堤恒太郎(東京の進学校で留年が決まり、進級のため日本海沿いの田舎町にある氷見ヶ丘高校に転校してきた青年。17歳)、一ノ瀬渚(恒太郎の居候先・宮本家の隣に住む17歳の高校生。元バスケ部レギュラー)
●あらすじ/氷見ヶ丘高校の文化祭。受験前の時期だけに、3年生はほとんど参加しないのだが、恒太郎は天文部のプラネタリウムを手伝っていた。その日の終了後、恒太郎は訪ねてきた渚と2人きりでプラネタリウムの星空を見ながら、ある決心を伝える。それは小沢先生のような「星の先生」になるため、今から理系に進路変更するというもので…(第60話)。
●本巻の特徴/地学教師になるという夢を見つけ、受験先変更を決意した恒太郎。そして渚もまた、諦めかけた看護師への道を再び思い描いて…。ふたりの将来は? そしてふたりの恋の結末は? 感動&感涙必至の完結巻!
●その他の登場人物/小沢(氷見ヶ丘高の地学教師
シリーズ完結巻!
〈 電子版情報 〉
ほしのふるまち 7
Jp-e : 091512870000d0000000
氷見ヶ丘高校の文化祭。受験前の時期だけに、3年生はほとんど参加しないのだが、恒太郎は天文部のプラネタリウムを手伝っていた。その日の終了後、恒太郎は訪ねてきた渚と2人きりでプラネタリウムの星空を見ながら、ある決心を伝える。それは小沢先生のような「星の先生」になるため、今から理系に進路変更するというもので…

あなたにオススメ!

  • みゆき〔新装版〕 5
  • 美晴;ライジング 5
  • シーソーゲーム 1
  • 冬物語 5
  • ファンタジスタ 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ