フラワーコミックス

ピンクのしっぽ 2

ピンクのしっぽ 2
ためし読み
定価
本体400円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784091348227

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/11/18
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
東京だったら一緒にって誘った時点で…?
「あのさ、東京だったら一緒にって誘った時点でもうそういうことだけど…田舎では違うの?
俺がなんでお前を誘ったと思ってんの?」

東京からの転校生・氷野くんは、綺麗な顔で、涼しい態度で、いつもシレーっとしとるから、本音がようわからん男の子。
だから、わからん。
なんで、「俺、カノジョなんていないから」とか言うのか。
「酒出すような店でバイトなんかすんな」って怒るのか。
みんなで一緒に祭りに行ったら、不機嫌になるのか。


田舎育ちで、ようやく初恋初体験の実穂と、
東京育ちで、ぜんぶ経験済みの氷野くんの、
恋の歩幅は、いつ合うの…?

〈 電子版情報 〉
ピンクのしっぽ 2
Jp-e : 091348220000d0000000
「あのさ、東京だったら一緒にって誘った時点でもうそういうことだけど…田舎では違うの?俺がなんでお前を誘ったと思ってんの?」東京からの転校生・氷野くんは、綺麗な顔で、涼しい態度で、いつもシレーっとしとるから、本音がようわからん男の子。だから、わからん。なんで、「俺、カノジョなんていないから」とか言うのか。「酒出すような店でバイトなんかすんな」って怒るのか。みんなで一緒に祭りに行ったら、不機嫌になるのか。田舎育ちで、ようやく初恋初体験の実穂と、東京育ちで、ぜんぶ経験済みの氷野くんの、恋の歩幅は、いつ合うの…?

あなたにオススメ!

  • 星の王子様は今日も不機嫌
  • 虹、甘えてよ。 1
  • ぼくの輪廻 3
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる …
  • 女子モテな妹と受難な俺 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ