花宵道中 3
ためし読み
定価
本体524円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
9784091334008

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/10/18
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
江戸吉原を舞台に遊女たちの悲恋を描いた官能純愛絵巻
「いつか江戸に会いに行ったるからな。待っててな」
「あてにせんと待っとるわ」
京都島原の売れっ子遊女だった霧里は
「他の遊女の客を盗った」という罪で江戸吉原に追放され、
最愛の弟・東雲と離ればなれになる。
小見世の山田屋へ売られた霧里は
朝霧という地味な禿(かむろ=住み込みで働く幼女)の面倒を見ることに。
筋のいい朝霧はさまざまな芸事を身につけていった。
しかし、朝霧が初見世(はじめて客をとり一人前の遊女になること)
を迎えるまで自分が守ろうと決めた霧里を待っていたのは
思いもしない悲劇だった――
遊女たちの恋と運命が絡まり合う
官能純愛絵巻第三弾!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
『女性セブン』にて大絶賛連載中!美しく高貴な遊女・霧里と、その弟で美形の職人・東雲(半次郎)との姉弟愛、ふたりを巡るドラマチックな展開から目が離せません。斉木先生の繊細で艶やかな絵に「花宵ファン」急増中です!
〈 電子版情報 〉
花宵道中 3
Jp-e : 091334000000d0000000
江戸吉原を舞台に遊女たちの悲恋を描いた官能純愛絵巻
「いつか江戸に会いに行ったるからな。待っててな」
「あてにせんと待っとるわ」
京都島原の売れっ子遊女だった霧里は
「他の遊女の客を盗った」という罪で江戸吉原に追放され、
最愛の弟・東雲と離ればなれになる。
小見世の山田屋へ売られた霧里は
朝霧という地味な禿(かむろ=住み込みで働く幼女)の面倒を見ることに。
筋のいい朝霧はさまざまな芸事を身につけていった。
しかし、朝霧が初見世(はじめて客をとり一人前の遊女になること)
を迎えるまで自分が守ろうと決めた霧里を待っていたのは
思いもしない悲劇だった――
遊女たちの恋と運命が絡まり合う
官能純愛絵巻第三弾!

あなたにオススメ!

  • 花宵道中 1
  • 花宵道中 2
  • 花宵道中 4
  • 花宵道中 3
  • 一礼して、キス 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ