少年サンデーコミックス

ブリザードアクセル 2

ブリザードアクセル 2
ためし読み
定価
本体390円+税
発売日
判型/頁
新書/192
ISBN
4091273025
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第8話/英雄の駆ける戦場▼第9話/キミが友達でよかった▼第10話/彼の名は阿波花音▼第11話/最高の芸術▼第12話/合格者は……▼第13話/最後の四回転半▼第14話/いらねえよ▼第15話/自分で道を切り開く!▼第16話/さびしくなんだな▼第17話/そん時はきっと…●主な登場人物/北里吹雪(中学1年。目立つことが大好きな不良少年。類いまれな身体のバネと瞬発力を持つ)●あらすじ/白帝フィギュアスケートクラブの特待生試験で、吹雪は自らの技術のなさをカバーするため、4分間のフリースケーティングを左足一本だけで滑りきるという荒技に挑戦する。足に通常の倍以上の負担をかけながらも、四回転半、三回転半のコンビネーションジャンプを跳び続ける吹雪。着氷にはすべて失敗しているものの、その強い意志からでる勇猛な演技は、見る者に感動を与え…(第8話)。●本巻の特徴/前半では、白帝フィギュアスケートクラブの特待生試験に、それぞれの個性を発揮して挑む吹雪と花音の姿が。そして後半では、新しい道を進むことになった吹雪の、家族との決別と旅立ちの模様が描かれる。●その他の登場人物/阿波花音(吹雪の同級生にして親友。子供の頃からバレエをやってきて、“妖精王"の異名をとる)、宍戸雷造(吹雪の同級生にして親友。外見に似合わず恥ずかしがり屋で、目立つことが大の苦手)、ジョージ・マッケンジー(白帝フィギュアスケートクラブのコーチ。元・世界チャンピオン)、黒塚(氷山フィギュアスケートクラブのコーチ。吹雪の才能を見出した)

あなたにオススメ!

  • 見上げてごらん 8
  • ワン・モア・ジャンプ 3
  • ワン・モア・ジャンプ 5
  • ワン・モア・ジャンプ 6
  • バンビ~ノ! 9
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ