キャットルーキー 26
定価
本体390円+税
発売日
判型/頁
新書/200
ISBN
4091263267
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
●あらすじ/ウィザード・ドライブ、ウィザード・ライザーが各チームの主力打者に粉砕され、二軍落ちしてしまったミケ。だが寅島のアイディアで、新たな変化球“ウィザード・バイパー"を開発し、見切り発車ながらも一軍に復帰。実戦投入に成功し、チームは勢いを取り戻す。ウィザード・バイパーのベースになっているのは、ナックルボール。ものにするのが難しいため、ほとんど投げる者がいないこの変化球に、さらにスピードをのせた独自の新魔球を武器に、ミケは復活。トム・キャッツは破竹の11連勝を遂げ、いよいよ優勝を賭けたペガサスとの天王山に挑む(第37話)。●本巻の特徴/泣いても笑ってもこれが最後。トム・キャッツもペガサスも、どちらも気合十分で決戦に臨む。だがミケは短期間で難しい変化球をマスターした無理がたたり、腕や指の状態が限界にきていた。そして寅島も試合中にファールチップを指に当て、ケガをしてしまう。ボールを握ることさえ難しい状態になってしまったミケと寅島。だが二人は優勝のために、最後の力を振り絞る!! 雄根小太郎編、四方二三矢編、そして寅島・三ケ月編と続いてきた“少年サンデー超"掲載のロングヒット作、堂々の完結!●その他の登場人物/水原(トム・キャッツの監督。以前はぼんやりしていたが、最近は威厳が出てきた)、雄根小太郎(おすね・こたろう。制球力はないが、160キロの豪速球を武器にするエース)、四方二三矢(しっぽう・ふみや。セカンド。小柄だが抜群の集中力と打撃力で四番をつとめる)、重吉建(しげよし・けん。サード。完成されたスイッチヒッター)、加縫(目立ちたがり屋のショート)、神童(ストッパー。七色の変化球の持ち主。だが協調性がまるでなく、性格に難あり)、ハッチ・ボーンズ(助っ人外国人選手。一本足打法の長距離砲)、小金沢千鶴(病に倒れたオーナーの娘。寅島とは高校の同級生だった)、アポロ・アーウィン(ペガサスの外国人選手。野球経験はほとんどないが、スポーツ科学の世界的権威である父の実験台として、様々な種目で驚異的な力を発揮してきた)

あなたにオススメ!

  • 鳳(おおとり)ボンバー 3
  • 鳳(おおとり)ボンバー 2
  • 最強野球部リベンジャーズ 8
  • 最強野球部リベンジャーズ 6
  • MAJOR(メジャー) 29
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ