キャットルーキー 23
定価
本体390円+税
発売日
判型/頁
新書/192
ISBN
4091263232
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第25話/FLYING MOON▼第26話/ライザー進撃!▼第27話/ヒーローになるとき!!▼第28話/10匹の黒猫の子供の唄●主な登場人物/寅島球地(とらしま・きゅうじ。強肩と鋭い分析力を持つ、トム・キャッツのルーキー捕手。司令塔としての才能を見出され、開幕から正捕手に抜擢される)、三ケ月心(みかづき・しん。通称ミケ。打者の視界から消え落ちる鋭いカーブ“ウィザード・ドライブ"を武器にする新人投手)●あらすじ/ペガサスのライバル・坂本にウィザード・ドライブを打ち込まれた三ケ月と寅島は、苦心の末に新魔球“ウィザード タイプII"を完成させた。極端なアンダースローから繰り出されるライズボールをひっさげ、三ケ月はペガサス戦にリリーフで登板。まずは坂本を三球三振に切って取る(第25話)。●本巻の特徴/新魔球を身につけた三ケ月は絶好調。ペガサス戦では8人連続三振という快投を見せ、続くフェニックス戦でも好リリーフを見せる。三ケ月の復活とともにチームも再び登り調子に。一度は離れかけた首位・フェニックスとのゲーム差をじりじりと詰めはじめる。「10匹の黒猫の子供の唄」は、いつもとちょっと違う、コミカルな怪談という感じのエピソード。●その他の登場人物/水原(トム・キャッツの監督。昼行灯と呼ばれるほど、ぼんやりした人。ただし現役時代は天才スラッガーで、最近は監督としての威厳も少しずつ出てきた)、四方二三矢(しっぽう・ふみや。小柄だが、抜群の集中力と打撃力で四番をつとめる。ポジションはセカンド)、重吉建(しげよし・けん。サード。社会人時代は左右共に4割以上の数字を残した、完成されたスイッチヒッター)、加縫(目立ちたがり屋のショート)、ハッチ・ボーンズ(助っ人外国人選手。封印していた一本足打法を解禁。長距離砲として復活)、小金沢千鶴(病に倒れたトム・キャッツのオーナーの娘。寅島とは高校の同級生だった)

あなたにオススメ!

  • MAJOR(メジャー) 29
  • 最強野球部リベンジャーズ 8
  • MAJOR(メジャー) 74
  • 愛しのバットマン 8
  • あぶさん 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ