少年サンデーコミックス

パンゲアの娘 KUNIE 3

パンゲアの娘 KUNIE 3
ためし読み
定価
本体390円+税
発売日
判型/頁
新書/192
ISBN
4091262635

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/10/28
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第22話/楽園の午後▼第23話/昼下がりの事情▼第24話/伯爵の遺産▼第25話/日向陽の野望▼第26話/水上のあれこれ▼第27話/夢のお告げ▼第28話/海の誘い▼第29話/対岸の火事▼第30話/忙殺の伝言ゲーム▼第31話/噂の真相▼第32話/真夏の返り討ち●主な登場人物/日向陽(ひなた・あきら。勉強があまり得意じゃない普通の小学5年生)、クニエ(陽のお嫁さんになるため、南の島国からやって来た女の子)●あらすじ/カラバオ近海に出現した杭の調査に来ていたアメリカ海軍は、領海侵犯の疑いでカラバオの警備隊に捕まってしまう。その頃サードはクニエに近づくための方法を考え、まずは陽の姉にアプローチすることにした(第22話)。●本巻の特徴/杭と謎の巨大生物を巡って各国は攻防を繰り広げ、ランゲルハウス財団のマヌケな使者・サードはクニエに近づこうとする。同じ頃、アラビアの砂漠の中にあったオアシスは陥没して巨大な池になり、日本の小さな島は一夜にして水没。さらには陽が飼っていた首長竜・リンガナエを近所のオバサンに見られてしまい、そこから一気に話題沸騰。マスコミの標的になってしまう。いくつもの事件が同時進行で進んでいき、物語は緊迫のうちに、でものんびりとユーモラスに進んでいく。●その他の登場人物/日向洋一郎(陽の祖父。博物学者で探検家だったが、30年前に南太平洋の島に研究調査に出掛けたきり行方不明に。最近になってカラバオ共和国という小さな島国で発見された)、ナガヤ(クニエの幼なじみ。カラバオからクニエを連れ戻しに来た)、シルビア・リー(南太平洋の文化や自然を調査、保護する「ランゲルハウス財団」の渉外担当者)、クリストファー・ランゲルハウス(ランゲルハウス財団の長。カラバオ周辺の生物調査に力を入れている)、サード(クリストファー・ランゲルハウス3世。ランゲルハウスの孫で、サードは通称。クニエから話を聞き出すため、イギリスから日本へやって来た)、奈良森(練馬産業大学古代生物研究室の教授。古代生物が現存することを否定)
〈 電子版情報 〉
パンゲアの娘 KUNIE 3
Jp-e : 091262630000d0000000
クニエの故郷・カラバオの領有権を主張するランゲルハウス伯爵の孫・サードが、日向家に乗り込んできた。一方、カラバオ近海に出現した“杭"の周辺では、異変が続発……。そこに眠るエネルギーに目をつけた米軍の干渉に“杭"が反発!! 不可思議な現象を引き起こしたのだ!

あなたにオススメ!

  • 虫屋の落とし文
  • 魔界水滸伝 5
  • 新編 日本古典文学全集5・風…
  • マギ 1
  • THE MOON 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ