キャットルーキー 17
定価
本体390円+税
発売日
判型/頁
新書/192
ISBN
4091253873
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/トラ猫とミケ猫▼第2話/寅島の決断▼第3話/三ヶ月の運命▼第4話/入団●登場人物/四方二三矢(小柄だが、抜群の集中力と打撃力でトム・キャッツの救世主となったルーキー。ドラフト7位でトム・キャッツに入団)、無田雅孝(トム・キャッツのスカウト担当。トム・キャッツの現監督・水原とともに引退した元正捕手)、虎島球地(とらしまきゅうぢ。夏の甲子園大会東東京代表の浅草寺高校の主将。ポジションは捕手)、三カ月心(みかづきしん。夏の甲子園大会高知代表の桂浜高校の控え投手。浅草寺高校との対戦で、エース中岡の替わりに先発)●あらすじ/トム・キャッツのスカウトを担当する無田は、この年のドラフトで最も注目されている横浜ベイスクールの松崎の他に、これからのトム・キャッツを担う選手を見つけようと甲子園球場にやって来た。無田は、無名の進学校ながらも強豪・帝都学園を破り、甲子園にやって来た浅草寺高校にトム・キャッツの司令塔になれる選手がいると考える。浅草寺の監督・渥美は野球の経験がないため、作戦の指示は出していない。となると、甲子園に出場できたのは主将で捕手の虎島の力が大きいと考え、虎島に目をつけた無田だが……(第1話)▼虎島は、夏の甲子園を最後に野球をやめるつもりでいた。野球部の引退を控え、最後の練習をする虎島の元に、あるひとりの男がやって来た。トム・キャッツのスカウト・無田だ。その無田から「トム・キャッツに来るつもりはないか」と誘われるが、虎島は東京工業大への進学を考えていた(第2話)。

あなたにオススメ!

  • ラストイニング 34
  • 青空 12
  • MAJOR(メジャー) 35
  • やったろうじゃん!! 3
  • 投げない怪物
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ