キャットルーキー 13
定価
本体390円+税
発売日
判型/頁
新書/192
ISBN
4091253830
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第48話/ハッチ大作戦!!▼第49話/どたんば勝負!!▼第50話/天馬VS不死鳥▼第51話/K.FILE
●登場人物/雄根小太郎(気分次第で調子が変わる大和トム・キャッツの破天荒ピッチャー)、四方二三矢(小柄だが抜群の集中力と打撃力で大和トム・キャッツの救世主となったルーキー。ドラフト7位でトム・キャッツに入団)、加縫勇二(ドラフト3位でトム・キャッツに入団した遊撃手)
●あらすじ/今シーズン開幕から数試合出場しただけで、ケガで2軍落ちしたまま行方をくらました元メジャーリーガーのハッチ・ボーンズ。ギャンブルで負け、街を徘徊していると、四方の兄と出会う。そしてフォックスとの試合の行われている神戸へ連れていかれる。そして借りを作ってしまった四方の兄に、今日の試合で活躍できれば借金をチャラにしてもいいと言われ、試合に出場することに。試合はトム・キャッツが敗色ムード濃厚。3点差をつけられ、9回の攻撃を残すのみ。そこで彼は、突然代打での出場を志願、一回もバットを振ることなく、フォアボールで出塁する。そして次のバッターの内野安打の時の走塁では鈍足ぶりをアピール、その直後に3塁へ盗塁をし、相手の抑えの切り札・平伊を撹乱する。続くバッターのヒットではホームへ走らず、満塁にして4番・四方と勝負せざるを得ない状況を作り出す。この試合の流れの読みが、四方の同点ホームランを呼ぶのだった(第1話)。
●本巻の特徴/ペナントレース終盤、破竹の快進撃を続ける我らがトム・キャッツ。一時は首位・ペガサスに追いつくかに見えたが、3位へ転落。残りはあと4試合で、もう1試合も負けられない状況でのフォックス戦。機動力野球に苦しめられながらも延長の末勝ちを拾い、ペガサスとの2連戦を迎える。
●その他の登場キャラクター/酒希洋(ドラフト1位でトム・キャッツに入団したプライドが高い左投手。プレッシャーに弱い)、神童(トム・キャッツの絶対的な抑えのエース。変則的な左下手投げで、駆け引きの妙に長ける)

あなたにオススメ!

  • サッチモ 6
  • あぶさん 85
  • ウィンドミル 9
  • 鳳ボンバー 3
  • ラストイニング 28
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ