少年サンデーコミックス

★★★(三ツ星)のスペシャリテ 4

★★★(三ツ星)のスペシャリテ 4
ためし読み
定価
本体400円+税
発売日
判型/頁
新書/192
ISBN
9784091217240

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第28話/ラヴィヨル(3)▼第29~30話/鱸のパイ包み焼き(1~2)▼第31~33話/川カマスのクネル(1~3)▼第34~36話/コンソメ・スープ(1~3)▼第37話/ブーダン・ワール

●主な登場人物/中原三星(記憶力抜群&人なつっこい性格で負けず嫌い。ギャバンとの因縁の出会いからフレンチの道へ)、ミシェル・ギャバン(三星と同い年ながら、超一流レストラン“シャトー・ド・レクレール"のアントレ[前菜]担当。“フランス料理の未来"と評される)
●あらすじ/食事を全て残されると、その皿を作った者は呪われるいわく付きの“モンスター"こと、中年女性客・遠山。今まで作った前菜に全く手をつけてもらえなかった三星は、ナポレオンの言葉からヒントを得て、彼女の求める料理が「フランス料理であって、フランス料理じゃないもの」ではないかと考える。そして迎えた、三星が遠山に前菜を出せるラストチャンス、その結果は…!? (第28話)
●本巻の特徴/三星の母・千代子が倒れた。三星は手術のできる唯一の外科医の元を訪れるが、執刀を断られてしまう。だが「川カマスのクネル」というビストロ料理を再現すれば、その医者の心を動かせるかもしれないと考えて…?
●その他の登場人物/アラン・ポアロ(レクレールのシェフ[料理長]。M・O・F[フランス国家優秀料理人]の称号を持つ)、佐原文(クールな女性キュイジニエ[料理人]。レクレールのスーシェフ[副料理長])、金光豊(レクレールのアプランティ[見習い]。趣味は料理の知識などをノートにメモすること)、浅里ケンタ(ビストロ・ケンタのオーナーシェフ。レクレールでソーシエ[ソース担当]を務めていた)、ナポレオン(築地を熟知する目利きの達人で、料理の造詣も深い謎の老人)、寿舞子(三星の幼なじみ。ビストロ・ケンタでバイト中)、中原千代子(三星の母。ポアロとは旧知)
〈 電子版情報 〉
★★★のスペシャリテ 4
Jp-e : 091217240000d0000000
食事を全て残されると、その皿を作った者は呪われるいわく付きの“モンスター"こと、中年女性客・遠山。今まで作った前菜に全く手をつけてもらえなかった三星は、ナポレオンの言葉からヒントを得て、彼女の求める料理が「フランス料理であって、フランス料理じゃないもの」ではないかと考える。そして迎えた、三星が遠山に前菜を出せるラストチャンス、その結果は…!?

あなたにオススメ!

  • Heaven? 1
  • Heaven? 3
  • 築地魚河岸三代目 35
  • バンビ~ノ! 7
  • Heaven? 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ