東日本大震災185日 希望の記録

天皇皇后両陛下 被災地の人々との心の対話

天皇皇后両陛下 被災地の人々との心の対話
ためし読み
定価
本体1,200円+税
発売日
判型/頁
A4変/100
ISBN
9784091054333
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
被災者100人から両陛下へのメッセージ
涙、笑顔、そして、拍手ーー。天皇皇后両陛下のお見舞いを受けたとき、深い悲しみと不安に満ちていた被災地は、大きなぬくもりに包まれた。あれから数カ月が経ち、被災した人々の生活環境や気持ちは、今、どのような状況にあるのだろうか。私たち編集部は、両陛下がお見舞いに赴かれた避難所や被災地に出かけ、現状を伺うとともに、天皇皇后両陛下のお見舞いに対する思いをつづってもらうことをお願いした。
 「ぼくたちの小学校に来てくれて、ありがとうございます。お家がながされてしまいましたが、ぼくは、がんばります。おばあさんが、なかなかあえない人だと、おしえてくれました。また、あえたらいいなと思います」ーー宮城県南三陸町の避難所から仮設住宅に移った、9歳の男児から届いた両陛下へのメッセージだ。千葉、茨城、福島、宮城、岩手のみなさんから、たくさんの感謝と希望の声、そして、現在の率直な思いが届いた。
 3月11日、東日本大震災発生以降、精力的に回られた1都6県の被災者お見舞いをはじめ、天皇皇后両陛下が被災した人々の苦難の日々を少しでも多く分かち合おうと心を寄せ、行動し続けた185日の全記録とともにお届けする。
〈 目次をみる 〉
あの日、国民に向けて語られたビデオ・メッセージ 
天皇陛下のおことば全文掲載

■特別企画■天皇皇后両陛下がお見舞いに赴かれた避難所・被災地のみなさんから届いたメッセージ
 100人から両陛下へ 「歩き出した私たちの今」

3.11ー9.11 東日本大震災185日 被災者の苦難の日々に寄り添われて
天皇皇后両陛下 「ご動静とお気持ち」の全記録

■総力特集■7週連続、被災地・避難者お見舞いのご訪問秘話
天皇皇后両陛下
1都6件に及ぶお見舞いの旅路へ
少しでも早く被災した人々の近くに
宮城県、岩手県、福島県、千葉県、茨城県
8月まで続いた避難者へのお見舞い

■特別取材■被災地の子どもたちへ
皇后美智子さまが贈られた名作童話

皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、寛仁親王、高円宮妃久子さまと承子さま・・
皇族方のお見舞いの記録

平成流「被災地お見舞いと災害復興状況ご視察」の歴史を振り返る
被災地の復興に心を寄せられて

あなたにオススメ!

  • 復興の書店
  • 復興の書店
  • 復興ごはん
  • 卑怯者の島
  • ともしび
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ