ネッシーの仲間!?

イッシー・クッシー

恐竜は今から6500万年ほど前に絶滅したといわれる。
だが、その恐竜がなんと日本で目撃されたというのだ!

ネッシー

世界一有名なネス湖のネッシー

●恐竜のような未確認生物の代表

ネス湖のネッシーまずは、世界で最も有名な恐竜らしき未確認生物、ネッシーを紹介しよう。
1933年、イギリスのスコットランドのネス湖で大きな生物が目撃され、ニュースになった。翌年、その生物の一枚の写真が新聞にのった。それが右の写真だ。
その姿は、絶滅したはずの首長竜のプレシオサウルスにそっくりだ。
日本でも1970年代にネッシーブームが起き、パンダの次に日本に来てほしい生物として人気になった。

池田湖のイッシー
イッシーくん

●20人が同時に目撃!

鹿児島県指宿市の池田湖でも、約50年前から湖を泳ぐ大きな生物が目撃されていた。さらに大さわぎになったのは1979年。法事に来ていた20人が同時にその生物を見たという記事が新聞にのったのだ。その生物はネッシーにちなんで、イッシーと名付けられた。
イッシーは体長20mほどで背中に黒いコブのようなものがあるらしい。ネッシーのような頭部は目撃されておらず、その正体はいまだ不明だ。

屈斜路湖のクッシー
クッシー

●目撃事件が多発!

北海道の屈斜路湖でも、昔から巨大生物がいるといわれていた。
クッシーが有名になったのは、1973年のこと。遠足に来た40人の中学生が目撃したことで、全国的に知られるようになった。イッシーの5年前で、日本の○○シーブームの先がけだ。
その後も次々と、大きな怪物を見たという人が現れ、水面を泳ぐ写真も撮られた。1997年以降の目撃情報はないが、今は湖底で眠っているのだろうか。

次のページへ行こう!
水辺にすむまぼろしの生物 カッパ