本書の効用

用量を守って上手に服用すれば失敗・ストレスをゼロにできます。
●“道徳中毒"の方には刺激が強い場合がありますが、中毒症状が改善される効果が期待できます。よく本書をお読みの上服用してください。
●今の自分に満足している、と信じ込んでいる方には、思わぬ効果をもたらすことがあります。
●「アウトロー」「社会不適合者」を気取っている方は、服用の前にもう一度ご自身の覚悟をお確かめいただき、自己責任の上服用してください。
服用後の体調には個人差がありますが、「我」のない状態のフレッシュさや、一点の曇りなき爽快感、善の美味しさ、を感じられることはお約束します。
TOPへ戻る

本書のまえがき

善、偽善、悪、偽悪。
これらがほんとうはどんなものなのか、
ほとんど誰も知りません。
善や悪が心身に与える効能についても、
ほとんど誰も知りません。
知らないのに無意識に、
誰もが毎日、善や悪を使っています。
しかし知らなければ、
うまく使いこなすこともできません。
善悪を誤用しますから、
失敗もストレスも多くなる道理です。
善悪を上手に使いこなせれば、
失敗もストレスもゼロになりますのに。

まず心の準備体操として第1章で、
この浮世で私達が善悪に翻弄されているありさまを、
見物して笑い飛ばしてしまいましょう。
準備体操を終えましたら第2章以降、
手習いして参りましょう、
浮世をハッピーにサバイバルするための道具として、
善悪を使いこなす術を。
小池さん写真
TOPへ戻る

文庫版解説は上大岡トメさん!

「いつも前向き!」なイメージのある上大岡トメさんが持つ意外な一面とは…? 著者の小池さんとのエピソードや、自分の自身の中にある「偽善」など、イラストも交えた 解説は、読めばいっそう本書を好きになってしまいます!
上大岡トメさんイラスト
TOPへ戻る