八代目 桂文楽 落語全集

耳にタコができるぐらい聴いても新鮮。それが、われらが黒門町。

ご購入はこちら

近ごろいい話が足りないとお思いの方、黒門町が帰ってきましたよっ。

落語といえば、この人。八代目 桂文楽。黒門町と親しまれ、その明るく華やかな高座は、いまなお多くの人の耳の中で息づいています。 その芸はいまなお語りぐさ。語り口は、もうたまらなく明るい。とにかく華がある。げびない。品がある。なんともきれいな噺家でありました。また人柄も芸風そのままに陽気で、お洒落でたいへんに人望があったとか。いっぽう陰では、たいへんな努力家であったことも知られています。 八代目 桂文楽、話芸の真髄を完全版10枚のCDと、各界の著名人が執筆した特別編集の豪華書籍に凝縮しました。

視聴する