藤子・F・不二雄 大全集 第2期も凄い!! 『大長編ドラえもん』『チンプイ』『21エモン』から、幻の名作『てぶくろてっちゃん』まで懐かしのキャラクターが続々登場!!
第2期の特色
「少年SF短編」シリーズも、初の“カラー完全版”で!
はじめて単行本化されるまぼろしの名作「てぶくろてっちゃん」!
「ドラえもん」「オバケのQ太郎」は引き続き刊行!
名作タイトル、人気キャラクターがどっさり登場! その数、第1期の倍以上!
「大長編ドラえもん」 初の“カラー完全版”で登場!
©藤子プロ・小学館
TOPへもどる
●「少年SF短編」シリーズも、初の“カラー完全版”で!
「少年SF短編」とは、“SF短編”シリーズのうち、少年向けに発表された作品群。これらも冒頭がカラーだった部分は、すべてカラーで印刷します。
●はじめて単行本化されるまぼろしの作品「てぶくろてっちゃん」!

藤子・F・不二雄自身も「自らの節目になった」重要な作品としながら、一度も単行本化されていなかった、まさに幻の名作「てぶくろてっちゃん」が、ついに刊行されます。

●「ドラえもん」「オバケのQ太郎」は引き続き刊行!
「ドラえもん」は大好評を博した“学年繰り上がり方式”を継続していきます。第2期は<1969年度生まれ>の学年の「ドラえもん」からスタート!
「オバケのQ太郎」は、『少年サンデー』と同時期に、学年誌に掲載された作品を刊行!
●名作タイトル、人気キャラクターがどっさり登場! その数、第1期の倍以上!
「ドラえもん」
「オバケのQ太郎」
「大長編ドラえもん」
「21エモン」
「チンプイ」
「みきおとミキオ」
「バウバウ大臣」
「てぶくろてっちゃん」
「少年SF短編」
「パジャママン」
「4じげんぼうPポコ」
「モッコロくん」
「宙ポコ」
「宙犬トッピ」
「ドビンソン漂流記」ほか

※「オバケのQ太郎」は、藤子不二雄A氏との共著です。
※刊行タイトルは予定につき、一部変更になる場合があります。
●「大長編ドラえもん」 初の“カラー完全版”で登場!
「大長編ドラえもん」は、連載当時、冒頭部分がカラー原稿で描かれている回がありました。いままでモノクロでしか刊行されていなかったそれらの原稿を、すべてカラーで印刷します。



第2期は、2010年 8月25日 刊行開始!