HOME > コミックス > 美味しんぼ 8

美味しんぼ 8
飲茶☆(ヤムチャ)☆

作/雁屋 哲 画/花咲アキラ

定価 :本体485円+税
発売日 1986/12/17
判型/頁 B6/224頁
ISBN 4091807585

ビッグコミック スピリッツ
-公式サイト-

  • 全巻を見る
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本の内容

「食」ブームを巻き起こし、アニメ、映画化された大人気コミック!

▼第1話/飲茶・前編、後編▼第2話/SALT PEANUTS・前編、後編(バター・ピーナッツ)▼第3話/愛の納豆▼第4話/鮎のふるさと(鮎の天ぷら)▼第5話/スープと麺・前編、中編、後編(冷し中華)▼第6話/二代目の腕(天ぷら、ヌカヅケ) ●登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員・膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)。栗田ゆう子(東西新聞文化部員・山岡とともに「究極のメニュー」を担当する)。海原雄山(名だたる陶芸家にして、食の探究者。「美食倶楽部」主宰。山岡の実父) ●あらすじ/ある日、東西新聞社主・大原を外務大臣・星村が訪ねてきた。来日する中国の副首席を美食倶楽部で接待するために、協力して欲しいというのだ。大原から命令された山岡は、唐山陶人に美食倶楽部の主催・海原雄山を説得してもらう。だが、雄山は「政治家が接待に使う場所ではない」と、これを一蹴。困った山岡は「中国人の問題は中国人へ」と周懐徳へ相談するが…(第1話)。▼学生時代にあしげく通ったジャズ喫茶に、久し振りに顔を出した山岡たち。だが彼らは、その店「ソルトピーナッツ」が経営不振から間もなく閉店することを知る。マスターを助けるべく、東西新聞の記事に取り上げてもらうよう社会部に交渉する山岡たちだが…(第2話)。 ●本巻の特徴/中華料理店のメニューの中でも邪道とされる「冷し中華」をあえて取上げ、本当に美味しい「究極の冷し中華」を追求した第5話がみどころ。麺とその原料の小麦、スープのダシ、調味料など、中華の根幹にかかわる綿密な取材の結果を3回にわたり展開している。 ●その他の登場キャラクター/唐山陶人(第1、4話)、周懐徳(第1話)、京極万太郎(第4話)、中松警部(第5話)、「岡星」主人(第6話) ●その他DATA/中扉写真~上やしのスープ、すっぽんの串焼き、五種のへびとふかひれのスープ〔調理/香港・香満僂〕

  • BOOKSHOP 小学館で購入する【在庫あり】
  • 他のネット書店で購入する
  • コミック小学館ブックス(電子書籍)

同じ作家のコミックスからさがす

関連カテゴリからさがす

コミックス検索

最新のコミックス情報

  • 新刊(発売1ヶ月以内)
  • 10月の発売予定一覧
  • コミック情報のメルマガ登録

小学館 発行カレンダー

このコンテンツをご利用になるには、Adobe Flash Playerをダウンロードしてください

小学館モバイルサイト

携帯電話からも、小学館の雑誌・書籍・コミックス・DVDなどの新刊&既刊情報や、サイン会・イベント情報が見られます。もちろんそこからネット書店へ飛んで、ご購入もできます。

MAG Project

小学館の公式Twitterアカウント一覧

こどもの本