HOME > コミックス > からくりサーカス 43

からくりサーカス 43

藤田和日郎

定価 :本体390円+税
発売日 2006/08/11
判型/頁 新書/256頁
ISBN 4091205704

週刊 少年サンデー
-公式サイト-

  • 全巻を見る
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本の内容

【機械仕掛の神(デウスエクスマキナ)】▼第83幕/過去と伝統▼第84幕/背中を守る者▼第85幕/ゆけカトウ、オレが上がる。▼第86幕/抱擁▼第87幕/宇宙ステーションへ▼第88幕/軌道上のプラハ▼第89幕/質問と答え▼第90幕/ディアマンティーナ▼第91幕/人形芝居▼閉幕

●主な登場人物/才賀勝(フェイスレスから、しろがね[=エレオノール]を取り戻すため戦う小学6年生)、加藤鳴海(中国拳法の達人。人形破壊者“しろがね”の一員として、自動人形[オートマータ]を追い続ける)、しろがね(=エレオノール。勝を守ることで自己の存在を維持している)、フェイスレス(この物語の因縁の元凶・白金[パイジン]の生まれ変わり。全世界にゾナハ病を振りまいた黒幕)
●あらすじ/鳴海たちが目的地・ボードヌイ射場まで20キロ地点まで迫っていた頃、遠くロシアの空で勝はグラツィアーノと長い激闘を繰り広げていた。圧倒的に相手優勢の戦いであったが、傷だらけになりながらも「もう泣かない」と宣言。鳴海のように強くなるため、意を決して反撃を開始する!!(第83話)
●本巻の特徴/鳴海をしろがねのもとに送り届けた勝は、全ての決着をつけるため、ひとり星々の海へと向かう。しろがねと結ばれるのは、そして生き残るのは誰だ? 超熱血機巧活劇、堂々の大団円!!
●その他の登場人物/アルレッキーノ・パンタローネ(フェイスレスが作った旧式自動人形で“最古の四人”の2人。しろがねに忠誠を誓う)、阿紫花平馬(黒賀村で勝が居候していた家の息子。人形使い)、生方涼子(仲町サーカス道具方・法安の孫娘)、ミンシア(鳴海の拳法師匠の娘。拳法家であり女優でもある)、フウ(元しろがね。世界的企業「フウ・インダストリー」の総帥)、ギイ(“しろがね”の一人。かつてエレオノールに人形繰りを教えた)、仲町信夫(仲町サーカス団長)、ヴィルマ(仲町サーカス団員。ナイフ使い)、仲町紀之・浩男(仲町サーカス団員。捨て子だったのを仲町に拾われる)、三牛諸美・直太(仲町サーカス団員の親子。もとは別のサーカスを率いていた)、グリュポン(勝をサポートするために作られた鳥型自動人形)、カピタン・グラツィアーノ(自称・正義の剣「スパヴェンタ」で戦う自動人形)、ディアマンティーナ(自動人形で最後の四人の一人。フェイスレスを愛する)

  • BOOKSHOP 小学館で購入する【在庫あり】
  • 他のネット書店で購入する
  • コミック小学館ブックス(電子書籍)

同じ作家のコミックスからさがす

関連カテゴリからさがす

コミックス検索

最新のコミックス情報

  • 新刊(発売1ヶ月以内)
  • 10月の発売予定一覧
  • コミック情報のメルマガ登録

小学館 発行カレンダー

このコンテンツをご利用になるには、Adobe Flash Playerをダウンロードしてください

小学館モバイルサイト

携帯電話からも、小学館の雑誌・書籍・コミックス・DVDなどの新刊&既刊情報や、サイン会・イベント情報が見られます。もちろんそこからネット書店へ飛んで、ご購入もできます。

MAG Project

小学館の公式Twitterアカウント一覧

こどもの本